×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

傷がある車の買取りについて

今乗っている車を下取りして貰って、新しい車に買い替える方は多いですよね。
でも、車は乗っているうちに傷がついていたりしますので、買い取って貰うときには、修理をしたほうが良いか迷ってしまいます。実際に車を買い取って貰うときの傷の扱いについて知っておく必要があるのです。

 

まず言えることとしては、洗車などのときに付いた細かい傷は、ホームセンターで売っているワックスなどを使って綺麗にしておいたほうが良いのです。査定をする人の印象が違ってくることは確かです。そして、傷といっても到底修理できないものや錆などは、そのままにしておいたほうが良いのです。査定額にマイナスに影響することは確かですが、買い取り業者としては、修理工場を持っているケースが多いので、簡単に治せるものであれば、あまり査定に影響をしてこないとも言えるのです。

 

素人が中途半端に修理するよりは、プロは簡単に治せるものですから、自分の手間を考えても任せた方が賢明です。さらに下手に修理をしてしまうと逆に事故車などの疑いを持たれることを考えるとそのままにしておきましょう。さらに、査定に出す前に修理工場で治して貰う方法ですが、そんなに安くはないので買い取った業者が自社工場で治した方が安く上がるのです。